電池切れでおこることもある インロックトラブルと対処法

鍵開けが必要になるインロックのトラブル事例

車のインロックトラブル~多くの人が経験している~

鍵

車のインロックトラブルは、それほど珍しいものではありません。自分の身にふりかかる前に実例を知っておきましょう。

インロックを経験した人

鍵を抜き取らずに車を降りてしまいました。(30代/男性)

これまで、車から降りる時はいつも、内側から扉の鍵をかけた状態で閉めるようにしていました。特に理由はなく、癖のようなものなんですが、以前、この癖が仇になって、鍵をうっかり車内に残したまま扉を閉めてしまったことがあったんです。すぐに鍵屋に連絡をしてことなきを得ましたが、あの時は本当に焦りました。今後は鍵を使って閉めようと心に誓いました。

スーパーで買い物中に鍵を車の中に置きっぱなしにしてしまいました。(40代/女性)

その日、私はいつも行くスーパーの駐車場に車を止めて、いつも通り買い物を済ませました。ところが、車に戻って鍵を開けようとしたところで、自分が鍵を持っていないことに気付いたんです。窓から車の中を見ると、鍵が置きっ放しになっていました。こんなことは初めてで、どうしようかと思いましたが、鍵開けをやっている鍵屋さんに連絡して来てもらったらすぐに開けてもらえたので、ホッとしました。

鍵屋の鍵開け~選ばれるのには理由がある~

車の鍵が開かなくなってしまった時は、鍵開けのプロである鍵屋への連絡がおすすめです。鍵屋が選ばれる理由をご説明します。

ロードサービスは敷居が高い

車のトラブルが起こった場合、多くの方が考えるのは、「ロードサービスを利用する」という方法でしょう。しかし、ロードサービスは利用するのに高額な費用がかかります。会費制のロードサービスの場合は、入会金や年会費がかかりますし、会員以外の人がサービスを利用しようとすると、インロックの対処に1万円~2万円近いお金がかかってしまうこともあります。

鍵屋は良心的

鍵屋の鍵開けは、ロードサービスに比べて安価という魅力があります。もちろん年会費などはかかりませんし、誰でも電話一本で利用することができます。料金は業者によっても異なりますが、インロックの場合、1万円未満で開錠してくれる業者も少なくありません。また、万が一鍵開けができなかった場合でも料金を支払うことはないので、安心です。

TOPボタン