電池切れでおこることもある インロックトラブルと対処法

最新の車にも対応!インロック対策をマスターする~鍵開けトラブルを回避~

車の鍵の取り扱い方~同じ過ちを繰り返さない~

笑顔の女性

インロックをしてしまった場合の対処法を知るのと同時に、同じことを繰り返さないための対策についても考えておきましょう。

最新の車の盲点

最新式のキーレスリモコンは、便利な反面、インロックの危険性が高いというデメリットも持っています。電池がなくなって電波を発信できなくなった途端、車は「鍵がない」と判断してロックをかけてしまうことがあるのです。キーレスリモコンを使う時は、こまめな電池交換が必須です。

電池交換の手順

電池ボックスを開ける

車の鍵の電池交換をするためには、まず、カバーを外す必要があります。通常のテレビリモコンなどであれば、開けるための爪がついていますが、車の鍵にはそのようなものはありません。代わりに、マイナスドライバーなどを差し込めるくぼみがあるので、そこに引っかけてこじ開けます。無理に力を入れ過ぎるとカバーが割れてしまうこともあるので、気を付けて開けてください。

電池を入れ替える

車の鍵の電池は、ボタン電池です。カバーを開けたら、中の電池と同じ型番の電池を買って来る必要があります。ボタン電池にもいろいろな形がありますから、同じものを用意するようにしましょう。電池が用意できたら、裏表の向きを間違えないようにして鍵に電池をセットします。元の電池も簡単に外れるので、特に難しいことはありません。

元に戻す

電池のセットが完了したら、最後に電池カバーを閉じます。開けるのとは違って、カバーをかぶせて嵌め込めば完了ですから、簡単です。鍵の電池交換は、プロに頼む必要がある鍵開けとは違い、一般の人でも簡単に行なえるものです。鍵のケアは忘れがちなものですが、大きなトラブルに見舞われる前に、こまめに電池交換をするようにしましょう。

専用グッズで紛失防止

キーレスキーの普及に従って、車の鍵の紛失に備えるための便利グッズも登場しています。鍵につけるキーと親キーやスマホが一定以上離れることで警告音を発するようなタイプのものや、紛失時にスマホと連動させて探せるものなどがあります。紛失防止のために、こういったグッズを活用しましょう。

TOPボタン